医療ツアー

医療ツーリズム事業

画像

医療ツーリズム(インバウンド中国人)
日本国内における中国人受入可能な医療機関と提携し、中国のお客様のニーズに即した各医療サービスを提供できるようコーディネートさせていただきます。 PET-CT、MRIなど、先端医療機器と経験豊富な医師による読影で早期発見・診断を行い、また診断の結果、疾病が見つかっても治療サポートまでできるので安心です。

日本医療の特徴

日本の医療効果は世界一

画像「世界一の長寿国」を支える医療技術…日本はアジア圏諸地域の中で突出した高齢化社会を迎えており、最先端医療技術(健康寿命維持)を活用して健康寿命「生命の維持+行動の維持(自律的行動」の維持・向上を目指している。これは予防医療が推進されているだけでなく、日本の医療機関における診断技術や治療技術が優れた医療効果をもたらし治療後の生存率を高めていることを示しています。
最近、世界保健機関(WHO)が行なった世界各国の医療水準に対する評価では、日本の医療が総合で世界一位と評価されたことをご存知ですか?日本人の平均寿命は常に世界でトップを占めており、便利で合理的な医療制度が世界においても先進的なシステムであることは明らかです。

最先端の医療機器

画像先進国の中では、日本は最も多くの最先端の医療機器(各種内視鏡、CT、MRIなど)を保有しています。
したがって、日本で検診を受けようとする場合、医療機器資源が多いとは、予約の機会を多くし、迅速なアクセスを保障してくれます。

世界レベルの画像診断技術

画像特に、消化器系、脳、心臓血管、放射線療法などの分野では、非常に小さな病変でも、精度の高い画像診断スキルを持つ医師やAIの技術導入により的確に発見され、早期診断、早期治療に結ぶことができます。例えば、日本では、CT、MRIなどの検査を通じて、3mm以下の病変でも健康診断で見つけることができます。

先進医療への取り組み

画像粒子線治療や再生医療など、様々な領域で世界トップクラスの医療技術を有し、その活用による最適かつ高品質の医療サービスを提供しています。そして、創薬や医療機器の独自開発を経て、世界最高水準の最先端医療技術・最先端医療機関へ発展しています。

予防医療の考え方

画像世界的にみても一流な医療技術を保有していることに加えて、日本は予防医療を非常に重視しています。健康を改善するために、日本では様々な専門的健康診断と健康カウンセリングが普及しています。がんを含む多くの病気が末期的な状態まで進行した場合、当然のことながら最先端の医療技術でさえ何もできません。 したがって、健康寿命を延ばし、私たち一人ひとりが生活の質を向上させるためには、予防医療はとても重要な役割を果たしてくれます。日本の予防医学は世界のトップレベルと言われています。

低侵襲医療での治療

画像身体への影響、術後の回復を考慮して、粒子線治療などの最先端技術はもとより、内視鏡や腹腔鏡、カテーテルによる手術など、身体を可能な限り傷つけない治療を積極的に推進し、そのために必要な技術や機器の開発に力を注いでいます。例えば、内視鏡を用いた消化器疾患の手術では、従来のものより身体を傷つける範囲を最小限にとどめることで、術後の痛みが減り、回復も早まります。また、カテーテルを用いた血管内治療、脳や心臓の手術、サイバーナイフや粒子線などの放射線治療も低侵襲な医療として日常的に行われています。

チーム医療

画像予防医学からリハビリテーションまでを一つの医療と捉えた、総合医療という考え方が日本にはあります。疾病の早期発見、早期予防に始まり、治療中や治療後のケアにいたるまでを医療の大きな「流れ」としてとらえ、そこに関わる医師や看護師、管理栄養士、理学療法士、薬剤師などが一体となって、患者さま中心の医療体制をつくる「チーム医療」これが日本の医療が世界最高水準と呼ばれる要因の一つです。

個々の患者様に即した治療

画像疾病の状態や患者様の容態、あるいはご希望を勘案した選択肢を提供し、選択頂くことが可能となります。
同一の疾病であってもそれぞれの患者様にカスタマイズされた治療が施されます。そして日本のおもてなし対応による、心のこもった、思いやりのある医療サービスによって、受診を嫌がる人の不安が取り除かれることで、定期健診の受診率が向上し、早期発見、早期治療が達成されます。

リーズナブルな価格

画像医療施設によって価格は異なりますが、例えば中国国内では、PET / CT検査(がんの検査)に1万元以上を費やす必要があるところを、日本では価格が6、7千元からとなっています(翻訳料金を除く)。もし全身の健康診断を検討しており、この機会に信頼できる医師のアドバイスを得たい場合には、当社がお客様の視点で設計した様々な受診サポートサービスをぜひご利用ください。

早期がん発見の重要性

画像人体はたくさんの細胞からできていますが、がんはこの細胞が分裂するときのコピーミスによって生じます。がんで命を落とさないためには、適度な運動、適切な食事、禁煙など、できるだけがんにならないよう生活習慣を心がけることも重要ですが、早期にがんを発見することが最も重要です。早期でがんを発見することの重要性を日本は30年前から唱えてきました。
30年間の努力の結果、現在日本国内には様々な施設健診施設があり、世  界をリードする癌予防と管理システムを構築し、日本は世界最先端でがん予防と管理する国になりました。
 特に早期のがん診断と治療における世界的リーダーであり、ミリメートルレベル以下の早期癌の発見という世界記録を維持しています。この種の精密な抗がん試験では、10mm以下のミリメートルとマイクロメートルで、可能性のある初期癌または超早期がんのほとんどを見つけることができます。世界の癌検診では15 mm以上の癌が発見されていますが、中国の健診現場ではおそらく数センチ以上の進行がん細胞を発見できる技術しかありません。


近年、医療水準の向上に伴い、さまざまな病気の原因が特定されるようになり、定期的に健診して健康状態を確認することに注目が集まっていす。病気を早期に発見する事が健康を保つために重要なファクターになります。

■ 日本のがん検診の技術

早期のがん発見において、日本は世界最先端の技術で早期がんの発見に力を入れています。しかしがんは初期症状がないので、がん検診を受診する人の割合は先進国でも最下位になっています。もっと積極的にがん検診の受信を考えなければなりません。
 なぜならば、検診により早期がんの80%が検出され、その80%が治療できる可能性があり、実際の日本のがんの治癒率は68%にもなります。中国では、80%以上が中期のがんと診断され平均治癒率も20%と低い。
がんはより早期に発見されることにより、完治できる可能性も高くなるので、定期的にがん検診を受けることが望まれる。

■ 定期健診の必要性

中国の現代の死因のトップ3は、「ガン、心臓病、脳血管障害」です。それを防ぐためには、まず体の内側を調べなければなりません。このような健康診断では、経験豊富な医師が最新の医療機器を操作して身体を徹底的に検査する必要があります。
当社のインバウンド向け健康診断計画は、初めてのがん検診(PET)、脳診察、心臓診察、そしてさまざまなサービスの組み合わせです。一度に複数の検査を申請する場合は、健康診断パッケージを参照してください。

■ 健診・美容・治療の内容

1.人間ドック
ご都合に合わせて選択できるように厳選した4コースを設定しました。

・内視鏡コース(腸・胃、腸+胃)
観光の合間に効率的に受けられ、人気の高いコースです。
・ガン基本コース
腫瘍マーカや超音波・便潜血の検査を含める通常のがん検診用コースで、短時間で精度の高い結果を得られます。
・ガン精査コース
ガン基本コースに全身PET₋CTを加えたもので、より精密な診断結果が期待できます。
・オリジナルコース
ガン精査コースをベースに、脳ドックや前立腺ドック・マンモグラフィ等の専門ドック・項目の他に、お客様一人ひとりのご要望・ご事情を汲み取り、専門医の意見も加えたオリジナリティコースです。

*具体的な内容・所要時間・料金はコースによって異なります。また、料金には渡航費、宿泊費、食事代、交通費等が含まれておりません。詳細はお問い合わせください。

2.整形美容

・歯科
短時間で白い歯を覗かせるクリーニングから自分の歯に近い「丈夫な歯」を植立するインプラントまで、豊富なメニューを取り揃えております。また、弊社のオリジナルで歯科の治療と同時進行でしわや法令線が改善できるプチ整形コースもあります。
・美容
しわや法令線が改善されるプチ整形の他に、目の下のクマ取り注射、肌のリフトアップ等も行います。コースはすべてオンリーワンで、事前にご要望を聞かせて頂いてから作ることに入ります。
*所要時間・料金はメニュー・施術によって異なります。また、料金には渡航費、宿泊費、食事代、交通費等が含まれておりません。詳細はお問い合わせください。
・金の糸美容
ベル美容外科クリニック「渋谷区道玄坂1-18-3 プレミア道玄坂ビル4階」で行なっている美容術、24Kを気になる部分に入れる。顔+首の施術時間は30分で、特許を取得している糸なので肌へのダメージは軽減。
 金の糸は施術後に、新陳代謝が促進されシミ・クスミ・が薄くなる美白効果や、皮膚に厚みが増し弾力が高まることにより、老化のスピードを遅くする効果が期待できる。

3.先進治療

・重粒子線治(治療費用:約380万円~400万円)
重粒子線治療は放射線治療法の一つです。
従来の放射線治療と違い、この療法はガン病巣をピンポイントで狙い撃ち、正常細胞へのダメージを最小限に抑えることが可能で、体を切らずに済むため、高齢者や体力に不安な方も治療が可能です。その上、ガン細胞を殺傷する能力が高く、一回の治療で得られる効果が大きいため、治療期間も短くすることができます。
適応として脳腫瘍、頭蓋底腫瘍、眼腫瘍(悪性黒色腫を除く)、頭頸部がん、食道がん、肺がん、肝臓がん、膵臓がん、子宮中枢神経腫瘍がん、直腸がん術後再発、前立腺がん、骨肉腫、軟部組織腫瘍があります。
・陽子線治療(治療費用:約315万円~370万円)
陽子線治療は重粒子線と同様に放射線治療の一種です。
病巣のみに効率よく線量を集中でき、副作用を少なくできます。適応として脳腫瘍(原発性のみ)、頭蓋底腫瘍(脊索腫・軟骨肉腫など)、頭頸部腫瘍、肺がん、肝細胞がん、転移性肝がん(単発で他の部位に転移がないもの)、骨軟部肉腫、前立腺がんがあります。
・トモセラピー(治療費用:約4万円/回)
トモセラピーは画像診断と放射線治療が共に行える治療システムです。
その最大の特徴は複数病変に対し一連の治療過程で対応できることです。非進行期癌の方にとっては、放射線被曝に伴う急性毒性の軽減につながり、進行期癌の方にとっては、他の放射線治療装置では適応にならない病態や部位でも対応可能となります。適応として脳腫瘍、頭頸部がん、肺がん、悪性中皮腫、膵臓がん、子宮頚がん、直腸がん、肛門ガン、前立腺がん、白血病、悪性リンパ腫があります。
・高度活性化NK細胞療法(治療費用:約40~45万円/回、235~240万円/クール(6回))
高度活性化NK細胞療法はNK(ナチュラル・キラー)細胞を用いたガン免疫療法で、このNK細胞はガン細胞等の異常細胞を発見すると攻撃を仕掛けます。
また、この療法は治療を受ける本人の血液を活性化して行われるので、抗がん剤のような強烈な副作用はなく、身体への負担が殆どありません。その他に、抗がん剤治療や放射線療法と併用が可能で、手術の前後に行われることもあります。再発防止にも有効で、正常細胞を傷つけないので生活の質を高く維持できます。
適応として肺がん、肺がん、大腸がん、胃がん、胆管・胆のうがん、乳癌、食道がん、尿管がん、前列腺癌、直腸がん、子宮がん、肝がん等があります。
*具体的な内容・所要時間・料金等の詳細はお問い合わせください。また、料金には渡航費、宿泊費、食事代、交通費等が含まれておりません。

PET-CT 検査

画像PET-CT検査は世界でもがんの早期発見に先滋的な検査方法です。
胸レントゲンのように苦痛なく、機器内で30分間、頭から足まで全身を攫影します。
小さい腫瘍まで高精度に検査でき、腫瘍の良悪性の判断、悪性度の診断に大きな効果があります。
一方、がん治療の有効性、がんの再発、移転を発見に更に効果があります。

PET-CT 分かりやすい癌 PET-CT 分かりにくい癌
肺癌・咽頭癌・甲状腺癌・大腸癌・食道癌・膵臓癌・子宮癌・卵巣癌・乳癌・悪性リンパ性・骨腫瘍・悪性黒色腫・癌の転移巣 腎癌・膀胱癌(超音波での発見率が高い)
胃癌(内視鏡やバリウム検査での発見率が高い)
肝臓癌(超音波での発見率が高い)

胸ドック(MRI)

透影剤を用いず、またレントゲンも用いない理想的な検査です。 自覚症状のない微小な出血や腫瘍、晏柯、動脈瘤、脳血栓などを検出します。 クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤や、脳梗塞の原因となる脳血管の狭窄を発見します。

消化器系検査

ロから内視硯(胃カメラ)を挿入し, 食道・胃・十二指腸の一部を観察します。 必要に応じて病変部へ色素を散布して病気の広がりを調べたり、組織の一部を採取(生検)し、さらに詳細に顕微鏡で細胞の性質を調べたりします。 喉だけ麻酔し有意識状態で通常検査と麻酔導入剤を使用し睡眠状態検査の2種類を選択できます。

超音波検査

甲状腺、頸動脈、腹部全般(肝臟、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臟、女性(乳腺)

循環器系検査

心電図(安静時) 、血庄測定、脈拍、動脈硬化度検査

その他

腫瘍マーカー・胸部レントゲン・呼吸機能、骨密度・視カ・眼底・眼庄・聴カ・身長・体重・ウエスト等一般検査
当社のサポート体制

当社の受入体制

快適な病院での入院も、長期の通院治療も可能な総合病院をご案内します。

治療に手術や放射線治療などが必要な場合、入院や長期通院が必要となる場合があります。ご紹介する総合病院では、海外からの患者様に対して、快適に過ごせる入院用のお部屋を用意できます。(長期通院のための宿泊施設の手配等も可) 病院は免震・耐震対策も施され地震が心配な方も安心できる建物です。

○ 中国の患者様に最も適した治療方法と医療機関を選定し、病院と連絡をとりあいます。
  弊社で日本語訳した資料を基に、病院側が受け入れ可否を判断します。
○ 治療計画に合わせ医療機関と遷携し、医療滞在ビザ等に必要な“身元保証書“を手配致します。
○ お客様のご希望に合わせて、医療通訳者を手配致します。
○ 患者繕の空港送迎、日本滞在中の宿泊、観光、通訳ガイドなどご希望に応じて手配致します。

日本金橋株式会社は「安心」「信頼」のJATA(全国旅行経協会)登録の旅行会社です。

受入の流れについて

  • STEP1.

    お問合せ

    お電話・メール・Webサイトからのお問合せ

  • STEP2.

    患者様の情報提出

    治療中のカルテ・主治医意見書・画像データなど、日本での治療のために患者様のデータをお願いします。日本語に翻訳し病院で確認。
    ※中国語でもok(当社にて有料で翻訳いたします)

  • STEP3.

    日本での検査や治療の提案

    患者情報を元に、治療方針・日程・お見積書などを患者様に提案。

  • STEP4.

    支払

    当社よりご提案の検査及び治療を希望の場合、お見積書で示した金額を前払いにてお振込みいただきます。

  • STEP5.

    来日準備

    医療ビザを申請する書類を作成してお客様に送付します。お客様が自国でピザを申請、航空券の予約をして頂きます。検査及び治療日程等の調整をします。

  • STEP6.

    検査・治療

    スケジュールに沿って検査や診察を受けます。受診の時は当社で医療通訳の手配をいたします。通院の場合は近隣のホテルに宿泊します。

  • STEP7.

    精算

    来日前の支払い済み費用の精算。

  • STEP8.

    帰国後のフォロー

    必要に応じて医療機関と協力して、引き続きサポートをいたします。

医療ツーリズム(日本でのPET-CT、MRI、最先端の医療受診)に関しまして、まずはお気軽にお問い合わせください。

日本金橋株式会社へのお問合せ
お電話でのお問合せはこちらから、お気軽にご相談ください。
03-6661-7923 受付時間 9:30~18:30

PAGETOP
Copyright © 日本金橋株式会社 All Rights Reserved.